画像の説明

画像の説明
重いデータを扱うときは別ファイルで編集する
不要なデータは削除したものの、結局重くなってしまったデータで作業をしなくては ならないときに、PCの動作が遅くなり、編集作業が思ったように進まなくなってしまうことがあります。そのようなときは編集部分だけを別ファイルに移動して作業するとス ムーズです。
画像の説明
グループを別ファイルで編集する

編集する部分だけをグループにじて新規ファイルにカット&ペーストし、編集が終了したら元に戻します。
01 編集したいエンティテイをグループ にして選択し、[編集]メニューの[切り取り]を選択します。

画像の説明

02 新規ファイルを開きます[編集]メニューの[所定の位置に貼り付け]を選択し、カットしたエンティティを貼り付けます。

最後に元の位渥に正確に戻すため[所定の位置に貼り付]を使用します。

画像の説明

03 貼り付けた新規ファイルで編集作業をおこないます。作業が終了したら、エンテイテイを選択し、[編集]メニューの[切り取り]をせんたくします。

画像の説明
04元のファイルを開きます。[編集]メニューの[所定の位置に貼り付け]を選択し、カットしたエンティテイを元の位置に貼り付けます。


コンポーネントを別ファイルで編集する

コンポーネントはそれ自体を別ファイルとして保存できます。保存したファイルで編集したら、そのファイ ルを読み込んでコンポーネントを更新します。

画像の説明

01 編集したいコンポーネントを選択し、右クリックして表示されたメ ニューから[名前を付けて保存]を 選択します。

画像の説明

02 [名前を付けて保存]ダイアログが開きます。任意の保存先と名前を指定して[保存]ボタンをクリックします。

画像の説明
03保存したコンポーネントのファイルを開いて編集し、作業が終わったら[ファイル]メニューの[保存]を選択します。

画像の説明
04 元のファイルを開きます。手順で選択したコンポーネントを右ク リックして、表示されたメニュー jから[再ロード]を選択します。

05 [開く]ダイアログが開きます。編集したコンポーネントファイルを選択じて[開く]ボタンをクリックすると、コンポーネントが更新されます。


3Dモデルに写真投影で貼付け

画像の説明





写真から3Dモデルを作成するインターネット情報

internet1.png





写真から3Dモデルを作成する

画像の説明

マニュアル①DL






画像の説明

マニュアル②DL






写真から作成した3Dモデルから寸法を測定する

クリックで拡大

現場で写真を撮影する。一ケ所寸法を測定しておく。

画像の説明
SketchUp写真照合で写真を3D化。

クリックで拡大
3D化モデルになりました。

指定されたファイルは存在しません。



クリックで拡大

建物を写真から3D化して、縮尺の変更操作を行うと各所の寸法が実寸で測定できる


クリックで拡大

建物を写真から3D化して、縮尺の変更操作を行うと各所の寸法が実寸で測定できる。現場で測定忘れしてもデスクで測定できる。裏側の見えなかった部分の寸法も想定できる。

クリックで拡大

建物を写真から3D化して、縮尺の変更操作を行うと各所の寸法が実寸で測定できる。現場で測定忘れしてもデスクで測定できる。


写真から建物作図、各種の寸法も測定可能にする

syukusyaku1

写真縮尺を実寸縮尺に変更マニュアル


写真から建物をモデリング

写真から店舗をモデリングング

SketchUp写真照合3

写真から店舗をモデリングング

SketchUp写真照合4