ジョイントを使う

アントンはこのページを編集しました 2017年5月7日 ・ 11の改訂
MSPhysicsでは、関節はある程度の自由度を持って身体を特定の位置に拘束する拘束です。

節点を作成するには、節点ツールバーを使用します。

最上位レベルで作成されたジョイントは静的なままになります。一方、親ボディと呼ばれるグループ内に作成されたジョイントは移動可能になります。
ジョイント接続ツールを使用して、ジョイントを子ボディと呼ばれるそれらの希望するグループに接続します。
ジョイントでグループを接続/切断するには、ジョイント接続ツールを選択し、希望のジョイントをクリックしてCtrl / Shiftを押しながら接続/切断するグループをクリックします。
ジョイントの使用に関するYouTubeのチュートリアルをご覧ください。

チュートリアル01 - シンプルな車を作る

チュートリアル02 - ステアリング付きの車

チュートリアル03 - サスペンション付きの車

チュートリアル04 - 曲線ジョイント

チェーンをシミュレートする

Samuel Ketnerによるジョイントの使用に関するこれらのビデオも参照してください。https: //www.youtube.com/user/samketner/videos? sort=dd&view=0&shelf_id=0

ページ4

Find a Page…
ホーム
アニメーションの記録と書き出し
ボディのシミュレーション
ジョイントを使う
このウィキをローカルに複製する
https://github.com/AntonSynytsia/MSPhysics.wiki.git
©2019 GitHub、Inc.


アニメーションの記録と書き出し

アントンはこのページを編集しました on 19 Jun 2016 ・ 18の改訂
MS物理リプレイ
MSPhysics Replayはシミュレーションをアニメーションに記録することを可能にします。アニメーションの利点は、それを再生して一連の画像またはレンダリングファイルにエクスポートできることです。

リプレイを使う

シミュレーションを記録するには、次の手順に従います。

記録に必要なMSPhysics対応のSketchUpモデルを開きます。

再生記録を有効にします。

レコードを切り替える

シミュレーションをします。

シミュレーションをする

必要に応じてシミュレーションをリセットします。

シミュレーションのリセット

アニメーションを保存するにはYESを押します。

アニメーションを保存する

(オプション)再生アニメーションツールバーを使用してレコードアニメーションを再生し、必要に応じてアニメーションが判明したかどうかを調べます。

再生ツールバー

結果に満足しているなら、あなたはそれを以下にリストされたフォーマットにエクスポートすることができます。それ以外の場合は、記録したアニメーションを破棄するか、手順3からやり直してください。

アニメーションを破棄する

アニメーションのエクスポート
シミュレーションが記録されたら、アニメーションを一連の画像、SKPファイル、Kerkytheaレンダリングファイル、およびSkIndigoレンダリングファイルにエクスポートできます。次の手順を実行します:

移動します(メニュー)拡張→MSPhysicsと以下の希望の形式のいずれかを選択します。
リプレイを画像にエクスポート
再生をSKPにエクスポート
再生をKerkytheaにエクスポートする
再生をSkIndigoにエクスポート
エクスポートオプションを調べて必要な設定を調整し、[OK]をクリックします。
エクスポートしたファイルは選択したフォルダに表示されます。
エクスポートまたはレンダリングされた画像の最終シーケンスは、Windowsムービーメーカー、MakeAVI、またはその他の必要なソフトウェアを使用してビデオにまとめることができます。


ボディのシミュレーション

アントンはこのページを編集しました on 24 Jun 2016 ・ 5つの修正
落下する体をシミュレートするには、2つのことが必要です。(1)地面と(2)落下するものです。

地面を作成するには、単純に地面を平らにし、その形状をStatic Meshに設定する巨大な直角プリズムグループを作成します。これは、グラウンドグループを選択し、(コンテキストメニュー)→MS物理→形状→静的メッシュをクリックすることで実行できます。

あなたが必要とする他の事は落とすべき何かです。これは単純なレンガになります。あなたが地面の上に小さなボックスを作成してにその形状を設定することによってそれを行うことができ凸包、ボックス以外、または任意の他の所望の形状静的メッシュとして静的メッシュは、非移動可能にしているグループのために予約されています。

これでプレイを押して結果を調べることができます。

衝突ワイヤーフレームを有効にして、さまざまなボディの実際の形状を確認することができます。これは、MSPhysics UIを開き、Simulationタブをアクティブにし、Collision Wirefameチェックボックスオプションをチェックすることで実行できます。

ノート:

静的メッシュボディの衝突ジオメトリは、関連付けられているグループの実際のジオメトリに似ています。ただし、覚えておくべき規則が1つあります。で静的メッシュ体、衝突交差のみ前面と計算されます。スタティックメッシュグループ内のすべての面が正しい方向に向いていることを確認するには、スタイルをモノクロモードに設定し、すべての前面または「白い」面が希望どおりに向いていることを確認します。一般的なスタティックメッシュグループでは、すべての前面(明るい)が外側を向き、すべての背面(暗い)が内側を向いています。

各衝突形状の説明については、このリンクを参照してください。衝突形状

動体が多い場合は、パフォーマンス上の理由から、ソルバーモデルを反復4パスに変更することをお勧めします。これは、MSPhysics UIを開き、Simulationタブをアクティブにし、solver modelsドロップダウンリストから希望のsolverモデルを選択することで行えます。 UIを切り替える

ソルバーモデルの変更

合理的な高さから落下したり高速で移動したりする物体がある場合は、連続的な衝突を有効にすると、それらが互いに通過するのを防ぐことができます。MSPhysics UIを開き、シミュレーションタブをアクティブにし、Continuous Collisionチェックボックスオプションをチェックすることで、連続衝突を有効にすることができます。

小さなオブジェクト(合理的にミリメートルで測定される)を扱うとき、世界規模を例えば10に増やすことはシミュレーションの質を改善するかもしれません。ワールドスケールはMSPhysics UIを開き、 "Simulation"タブをアクティブにし、 "World Scale"パラメータを変更することで変更できます。


MSPhysics 1.0.3(2017年10月16日)
返信を投稿する 828件の投稿• 1の28ページ • 1 2 3 4 5 ... 28
MSPhysics 1.0.3(2017年10月16日)
役職Anton_S木2014年3月20日12:10»

MS Physics

MSPhysicsはSketchUp用のリアルタイム物理シミュレーション拡張です。

MSPhysicsは、各オブジェクトに特定の形状、特定の状態、密度、接触特性、磁石特性、スクリプトなどを割り当てることができるグループおよびコンポーネントインスタンスの物理シミュレーションを実行できます。これらの機能は、オブジェクトと物理学の世界との間の複雑な相互作用を可能にします。重力、更新時間ステップ、ソルバーモデルなど、物理学の世界のパラメータも調整できます。

MSPhysicsでは、オブジェクト間の機械的相互作用を確立するために、オブジェクトをジョイント(拘束)で相互接続することもできます。MSPhysicsには、ヒンジ、モーター、サーボ、スライダー、ピストン、UpVector、スプリング、コルクスクリュー、BallAndSocket、ユニバーサル、固定、CurvySlider、CurvyPiston、およびPlaneの14個のジョイントがあります。各ジョイントには、最小/最大位置/角度制限、位置、角度、速度、線形または角度摩擦などを制御するためのコントローラなど、特定のプロパティを割り当てることができます。コントローラ自体は、スライダコントローラ、キーボードキー、ジョイスティック、および/または所望のスクリプトを使用して刺激することができる。この柔軟性により、自動車、ロボット、計器など、さまざまなものを作成して発明することができます。

MSPhysicsには信頼性のあるリプレイアニメーションツールも付属しており、シミュレーションの記録やSkIndigo、KerkyThea、または一連の画像へのエクスポートが可能です。

多くの点で、MSPhysicsはその前身のSketchyPhysicsに似ています。まず第一に、MSPhysicsはSketchyPhysicsの新しいバージョンではありません。MSPhsyicsは完全にゼロから書かれており、最新のNewton Dynamics Physics SDKを統合しており、C ++の拡張機能に大きく基づいています。どちらも同じことを達成することができます。ただし、MSPhysicsは、特に上記の機能の多くを使用すると、大幅に高速化し、さらに進歩します。MSPhysicsははるかに高度でよく文書化されたスクリプトAPIを持っていて、ユーザーが彼らのモデルのためにより熟練したスクリプトを書くことを可能にします。もう1つの違いは、ユーザー入力よりも有利な点です。SketchyPhysicsでは、キーボードとマウスで制御されるゲームを作成するのに苦労しました。シミュレーションが実行されるときはいつでも、ユーザー入力をリダイレクトするためにアクティブなコントロールパネルウィンドウがなければなりませんでした、それはSketchUpのキーボードショートカットの干渉を防ぐためです。ただし、MSPhysicsでは、コントロールパネルは必要ありません。MSPhysicsはAMSライブラリを利用しています。これはWindows側でユーザー入力を制御し、SketchUpのフルスクリーンを切り替えることを可能にします。さまざまなキーボードコマンドでシミュレーションを制御せずに、フルスクリーンモードでSketchUpでFPSゲームをプレイすることを想像してみてください。それはMSPhysicsで可能です。

ニュートンダイナミクスの物理エンジンを書いてくれたJulio Jerezには大きな功績があります。また、このプロジェクトを現実のものにすることに貢献した人々にも。ToDoリスト

以外に、重点的に取り組む必要があるのはデモンストレーションとチュートリアルだけです。

www.youtube.com ビデオ

www.youtube.com ビデオ

便利なリンク
ウィキ
Samuel Ketnerによるチュートリアル
3DWarehouseのMS物理モデル
変更ログ
スクリプト記述
PituPhysics YouTubeチャンネル
互換性と要件
Microsoft Windows XP以降/ Mac OS X 10.6以降
SketchUp 6以降 SU2017 64bitがお勧めです!
AMSライブラリ3.5.0+
ダウンロード
さまざまなダウンロードリンクについては、以下のリストを参照してください。
現在のバージョンは、PluginStoreまたはExtension Warehouseからダウンロードしてインストールできます。
現在のバージョンのRBZ形式もGoogle Driveで入手できます。
開発活動はGitHubで見つけることができます
以前のバージョンはGoogleドライブで見つけることができます
上書きでエラーが発生した場合は、新しいものをインストールする前に、オリジナルのAMS LibraryとMSPhysicsのバージョンを削除してください。詳細については、「アンインストール手順」を参照してください。
MSPhysicsのダウンロードとインストールに関するウォークスルーガイドについては、以下のビデオを参照してください。
www.youtube.com ビデオ

推奨される拡張
IstvánNagyのShapes loader:マウスをクリックするだけで、ボックス、球、円錐、円柱、ピラミッド、カプセル、トーラスの形状をロードおよびサイズ変更できます。SketchyPhysicsが持っていたように、MSPhysics自体には形状追加ツールは付属していません。この拡張機能は欠けているツールを埋めます。
SPGears by jgrundman:このプラグインは当初SketchyPhysicsを対象としていましたが、MSPhysicsでも問題なく動作します。手動で歯車を描画することは、最終的に歯車を構成するすべてのジオメトリを凸型サブグループに分散させる必要があるため、行う必要があることではありません。つまり、衝突が適切に生成されるためには、各歯が別々のサブグループ/サブコンポーネントを表す必要があります。SPGearsプラグインはまさにそれをします。衝突発生アルゴリズムに適した歯車を描画します。
Fredo6で凸形にする:グループを凸形に分割します。動的な凹形状を適切な衝突形状にするには、凹形状を構成するジオメトリを凸状のサブグループに分割する必要があります。自動内部凸分解アルゴリズムが開発されるまで、これは頼るべき正しい種類のプラグインです。このツールは骨折効果にも適しています。
インストール手順
プラグインをインストールするには、以下の手順を参照してください。
ams_Lib_x.yzrbzとMSPhysics_x.yzrbzをダウンロードしてください。
SketchUpを開く
選択(メニュー)ウィンドウ- >環境設定を
移動し拡張機能内のセクションシステム環境設定 ]ダイアログ。
[ 拡張機能のインストール ]ボタンをクリックし、[ ams_Lib_x.yzrbz ]を選択して[ 開く ]をクリックします。
MSPhysics_x.yzrbzについても同じ手順を繰り返します。
AMS LibraryとMSPhysicsの両方の拡張機能がチェックされていることを確認してください。
アンインストール手順
プラグインをアンインストールするには、以下の手順を参照してください。
プラグインフォルダに移動します
。Windowsの場合
SU8以下の場合、pluginsフォルダは次の場所にあります。
C:\ Program Files(x86)\ Google \ Google SketchUp#\
SU2013の場合、pluginsフォルダは次の場所にあります。
C:\ Program Files(x86)\ SketchUp \ SketchUp 2013 \
SU2014以降の場合、pluginsフォルダは次の場所にあります。
C:\ Users \ [ユーザー名] \ AppData \ Roaming \ SketchUp \ SketchUp 20 ## \ SketchUp \
%appdata%\ SketchUp \ SketchUp 20 ## \ SketchUp \
C:\ ProgramData \ SketchUp \ SketchUp 20 ## \ SketchUp \ Plugins
Mac OS Xの場合
SU8以下の場合、pluginsフォルダは次の場所にあります。
[あなたのユーザー名] /図書館/アプリケーション・サポート/ Google SketchUp#/ SketchUp / plugins
SU2013以降の場合、pluginsフォルダは次の場所にあります。

ライブラリ>アプリケーションのサポート> SketchUp#> SketchUp>プラグイン
選択ams_Libのフォルダ、ams_Lib.rbのファイル、MSPhysicsのフォルダ、およびMSPhysics.rbのファイルを、それらを削除します。
クレジット
NewtonDynamics物理エンジンのJulio Jerez。
SketchyPhysicsからのアイデアのためのクリスフィリップス。
テストのためのIstvánNagy (PituPhysics)、Faust07、その他多数。


SketchUP Physics【物理アニメーション】

【物理アニメーション】只今勉強中です。現在は、講習はしておりません。


MS Physics

MSPhysicsはSketchUp用のリアルタイム物理シミュレーション拡張です。

MSPhysicsは、各オブジェクトに特定の形状、特定の状態、密度、接触特性、磁石特性、スクリプトなどを割り当てることができるグループおよびコンポーネントインスタンスの物理シミュレーションを実行できます。これらの機能は、オブジェクトと物理学の世界との間の複雑な相互作用を可能にします。重力、更新時間ステップ、ソルバーモデルなど、物理学の世界のパラメータも調整できます。

MSPhysicsでは、オブジェクト間の機械的相互作用を確立するために、オブジェクトをジョイント(拘束)で相互接続することもできます。MSPhysicsには、ヒンジ、モーター、サーボ、スライダー、ピストン、UpVector、スプリング、コルクスクリュー、BallAndSocket、ユニバーサル、固定、CurvySlider、CurvyPiston、およびPlaneの14個のジョイントがあります。各ジョイントには、最小/最大位置/角度制限、位置、角度、速度、線形または角摩擦などを制御するためのコントローラなど、特定の特性を割り当てることができます。コントローラ自体は、スライダコントローラ、キーボードキー、ジョイスティック、および/または所望のスクリプトを使用して刺激することができる。この柔軟性により、自動車、ロボット、計器など、さまざまなものを作成して発明することができます。

MSPhysicsには信頼性のあるリプレイアニメーションツールも付属しています。これを使用すると、シミュレーションを記録し、SkIndigo、KerkyThea、または一連の画像にエクスポートできます。

多くの点で、MSPhysicsはその前身のSketchyPhysicsに似ています。まず第一に、MSPhysicsはSketchyPhysicsの新しいバージョンではありません。MSPhsyicsは完全にゼロから書かれていて、最新のNewton Dynamics Physics SDKを統合していて、そしてC ++拡張に大きく基づいています。どちらも同じことを達成することができます。しかし、MSPhysicsは、特に上記の多くの機能を使用すると、大幅に高速化し、さらに進歩します。MSPhysicsには、はるかに高度でよく文書化されたスクリプトAPIがあり、ユーザーは自分のモデルにもっと熟練したスクリプトを書くことができます。もう1つの違いは、ユーザー入力よりも有利な点です。SketchyPhysicsでは、キーボードとマウスで制御されるゲームを作成するのに苦労しました。シミュレーションが実行されるたびに、ユーザー入力をリダイレクトするためのアクティブなコントロールパネルウィンドウがなければなりませんでした。それはSketchUpのキーボードショートカットの干渉を防ぐためです。ただし、MSPhysicsでは、コントロールパネルは必要ありません。MSPhysicsはAMSライブラリを利用しています。これはWindows側でユーザー入力をコントロールし、SketchUpのフルスクリーンを切り替えることを可能にします。さまざまなキーボードコマンドでシミュレーションを制御せずに、フルスクリーンモードでSketchUpでFPSゲームをプレイすることを想像してみてください。MSPhysicsでそれがすべて可能です。

ニュートンダイナミクスの物理エンジンを書いてくれたJulio Jerezに大きなクレジットがあります。このプロジェクトを現実のものにすることに貢献した人々にも。ToDoリストの

他に、重点的に取り組む必要があるのはデモとチュートリアルだけです。

www.youtube.com ビデオ

www.youtube.com ビデオ

便利なリンク
ウィキ
Samuel Ketnerによるチュートリアル
3DWarehouseでのMSPhysicsモデル
変更ログ
スクリプトドキュメント
PituPhysics YouTubeチャンネル
互換性と要件
Microsoft Windows XP以降/ Mac OS X 10.6以降
SketchUp 6以降 SU2017 64bitがお勧めです!
AMS_Library 3.5.0+
ダウンロード
さまざまなダウンロードリンクについては、以下のリストを参照してください。
現在のバージョンは、PluginStoreまたはExtension Warehouseからダウンロードしてインストールできます。
現在のバージョンのRBZフォーマットもGoogle Driveで入手できます。
開発活動はGitHubで見つけることができます
以前のバージョンはGoogleドライブで見つけることができます
上書きでエラーが発生した場合は、新しいものをインストールする前に、オリジナルのAMS LibraryとMSPhysicsのバージョンを削除してください。詳細については、「アンインストール手順」を参照してください。
MSPhysicsのダウンロードとインストールに関するウォークスルーガイドについては、以下のビデオを参照してください。
www.youtube.com ビデオ

推奨される拡張
IstvánNagyのShapes loader:マウスをクリックするだけで、ボックス、球、円錐、円柱、ピラミッド、カプセル、トーラスの形状をロードおよびサイズ変更できます。SketchyPhysicsが持っていたように、MSPhysicsは単独では図形追加ツールを持っていません。この拡張機能は欠けているツールを埋めます。
SPGears by jgrundman:このプラグインは当初SketchyPhysicsを対象としていましたが、MSPhysicsでもうまく機能します。手動で歯車を描画することは、最終的に歯車を構成するすべてのジオメトリを凸型のサブグループに分散させる必要があるため、行う必要があることではありません。つまり、衝突が適切に生成されるためには、各歯が別々のサブグループ/サブコンポーネントを表す必要があります。SPGearsプラグインはまさにそれをします。衝突発生アルゴリズムに適した歯車を描画します。
Fredo6で凸形にする:グループを凸形に分割します。動的な凹形状を適切な衝突形状にするには、凹形状を構成するジオメトリを凸型サブグループに分割する必要があります。自動内部凸分解アルゴリズムが開発されるまで、これは頼るべき正しい種類のプラグインです。このツールは骨折効果にも適しています。
インストール手順
プラグインをインストールするには、以下の手順を参照してください。
ams_Lib_x.yzrbzとMSPhysics_x.yzrbzをダウンロードしてください。
SketchUpを開く
選択(メニュー)ウィンドウ- >環境設定を
移動し拡張機能内のセクションシステム環境設定 ]ダイアログ。
[ 拡張機能のインストール ]ボタンをクリックし、[ ams_Lib_x.yzrbz ]を選択して[ 開く ]をクリックします。
MSPhysics_x.yzrbzについても同じ手順を繰り返します。
AMS LibraryとMSPhysicsの両方の拡張子がチェックされていることを確認してください。
アンインストール手順
プラグインをアンインストールするには、以下の手順を参照してください。
プラグインフォルダに移動します
。Windowsの場合
SU8以下では、pluginsフォルダは次の場所にあります。
C:\ Program Files(x86)\ Google \ Google SketchUp#\
SU2013の場合、pluginsフォルダは次の場所にあります。
C:\ Program Files(x86)\ SketchUp \ SketchUp 2013 \
SU2014以降の場合、pluginsフォルダは次の場所にあります。
C:\ Users \ [ユーザー名] \ AppData \ Roaming \ SketchUp \ SketchUp 20 ## \ SketchUp \
%appdata%\ SketchUp \ SketchUp 20 ## \ SketchUp \
C:\ ProgramData \ SketchUp \ SketchUp 20 ## \ SketchUp \ Plugins
Mac OS Xの場合
SU8以下では、pluginsフォルダは次の場所にあります。
[あなたのユーザ名] /ライブラリ/アプリケーションサポート/ Google SketchUp#/ SketchUp / plugins
SU2013以降では、pluginsフォルダは次の場所にあります。

ライブラリ>アプリケーションのサポート> SketchUp#> SketchUp>プラグイン
選択ams_Libのフォルダ、ams_Lib.rbのファイル、MSPhysicsのフォルダ、およびMSPhysics.rbのファイルを、それらを削除します。
クレジット
NewtonDynamics物理エンジンのJulio Jerez。
SketchyPhysicsからのアイデアのためのクリスフィリップス。
テストのためのIstvánNagy (PituPhysics)、Faust07、その他多数。







MSPhysicsインストールの方法とポイント





MSPhysicsシュミレーション





MSPhysicsシュミレーション 1~26





MSPhysicsシンプルな車を作る





MSPhysicsハンドル付きのシンプルな車を作る