SketchUP Physics【物理アニメーション】

【物理アニメーション】只今勉強中です。現在は、講習はしておりません。


MS Physics

MSPhysicsはSketchUp用のリアルタイム物理シミュレーション拡張です。

MSPhysicsは、各オブジェクトに特定の形状、特定の状態、密度、接触特性、磁石特性、スクリプトなどを割り当てることができるグループおよびコンポーネントインスタンスの物理シミュレーションを実行できます。これらの機能は、オブジェクトと物理学の世界との間の複雑な相互作用を可能にします。重力、更新時間ステップ、ソルバーモデルなど、物理学の世界のパラメータも調整できます。

MSPhysicsでは、オブジェクト間の機械的相互作用を確立するために、オブジェクトをジョイント(拘束)で相互接続することもできます。MSPhysicsには、ヒンジ、モーター、サーボ、スライダー、ピストン、UpVector、スプリング、コルクスクリュー、BallAndSocket、ユニバーサル、固定、CurvySlider、CurvyPiston、およびPlaneの14個のジョイントがあります。各ジョイントには、最小/最大位置/角度制限、位置、角度、速度、線形または角摩擦などを制御するためのコントローラなど、特定の特性を割り当てることができます。コントローラ自体は、スライダコントローラ、キーボードキー、ジョイスティック、および/または所望のスクリプトを使用して刺激することができる。この柔軟性により、自動車、ロボット、計器など、さまざまなものを作成して発明することができます。

MSPhysicsには信頼性のあるリプレイアニメーションツールも付属しています。これを使用すると、シミュレーションを記録し、SkIndigo、KerkyThea、または一連の画像にエクスポートできます。

多くの点で、MSPhysicsはその前身のSketchyPhysicsに似ています。まず第一に、MSPhysicsはSketchyPhysicsの新しいバージョンではありません。MSPhsyicsは完全にゼロから書かれていて、最新のNewton Dynamics Physics SDKを統合していて、そしてC ++拡張に大きく基づいています。どちらも同じことを達成することができます。しかし、MSPhysicsは、特に上記の多くの機能を使用すると、大幅に高速化し、さらに進歩します。MSPhysicsには、はるかに高度でよく文書化されたスクリプトAPIがあり、ユーザーは自分のモデルにもっと熟練したスクリプトを書くことができます。もう1つの違いは、ユーザー入力よりも有利な点です。SketchyPhysicsでは、キーボードとマウスで制御されるゲームを作成するのに苦労しました。シミュレーションが実行されるたびに、ユーザー入力をリダイレクトするためのアクティブなコントロールパネルウィンドウがなければなりませんでした。それはSketchUpのキーボードショートカットの干渉を防ぐためです。ただし、MSPhysicsでは、コントロールパネルは必要ありません。MSPhysicsはAMSライブラリを利用しています。これはWindows側でユーザー入力をコントロールし、SketchUpのフルスクリーンを切り替えることを可能にします。さまざまなキーボードコマンドでシミュレーションを制御せずに、フルスクリーンモードでSketchUpでFPSゲームをプレイすることを想像してみてください。MSPhysicsでそれがすべて可能です。

ニュートンダイナミクスの物理エンジンを書いてくれたJulio Jerezに大きなクレジットがあります。このプロジェクトを現実のものにすることに貢献した人々にも。ToDoリストの

他に、重点的に取り組む必要があるのはデモとチュートリアルだけです。

www.youtube.com ビデオ

www.youtube.com ビデオ

便利なリンク
ウィキ
Samuel Ketnerによるチュートリアル
3DWarehouseでのMSPhysicsモデル
変更ログ
スクリプトドキュメント
PituPhysics YouTubeチャンネル
互換性と要件
Microsoft Windows XP以降/ Mac OS X 10.6以降
SketchUp 6以降 SU2017 64bitがお勧めです!
AMS_Library 3.5.0+
ダウンロード
さまざまなダウンロードリンクについては、以下のリストを参照してください。
現在のバージョンは、PluginStoreまたはExtension Warehouseからダウンロードしてインストールできます。
現在のバージョンのRBZフォーマットもGoogle Driveで入手できます。
開発活動はGitHubで見つけることができます
以前のバージョンはGoogleドライブで見つけることができます
上書きでエラーが発生した場合は、新しいものをインストールする前に、オリジナルのAMS LibraryとMSPhysicsのバージョンを削除してください。詳細については、「アンインストール手順」を参照してください。
MSPhysicsのダウンロードとインストールに関するウォークスルーガイドについては、以下のビデオを参照してください。
www.youtube.com ビデオ

推奨される拡張
IstvánNagyのShapes loader:マウスをクリックするだけで、ボックス、球、円錐、円柱、ピラミッド、カプセル、トーラスの形状をロードおよびサイズ変更できます。SketchyPhysicsが持っていたように、MSPhysicsは単独では図形追加ツールを持っていません。この拡張機能は欠けているツールを埋めます。
SPGears by jgrundman:このプラグインは当初SketchyPhysicsを対象としていましたが、MSPhysicsでもうまく機能します。手動で歯車を描画することは、最終的に歯車を構成するすべてのジオメトリを凸型のサブグループに分散させる必要があるため、行う必要があることではありません。つまり、衝突が適切に生成されるためには、各歯が別々のサブグループ/サブコンポーネントを表す必要があります。SPGearsプラグインはまさにそれをします。衝突発生アルゴリズムに適した歯車を描画します。
Fredo6で凸形にする:グループを凸形に分割します。動的な凹形状を適切な衝突形状にするには、凹形状を構成するジオメトリを凸型サブグループに分割する必要があります。自動内部凸分解アルゴリズムが開発されるまで、これは頼るべき正しい種類のプラグインです。このツールは骨折効果にも適しています。
インストール手順
プラグインをインストールするには、以下の手順を参照してください。
ams_Lib_x.yzrbzとMSPhysics_x.yzrbzをダウンロードしてください。
SketchUpを開く
選択(メニュー)ウィンドウ- >環境設定を
移動し拡張機能内のセクションシステム環境設定 ]ダイアログ。
[ 拡張機能のインストール ]ボタンをクリックし、[ ams_Lib_x.yzrbz ]を選択して[ 開く ]をクリックします。
MSPhysics_x.yzrbzについても同じ手順を繰り返します。
AMS LibraryとMSPhysicsの両方の拡張子がチェックされていることを確認してください。
アンインストール手順
プラグインをアンインストールするには、以下の手順を参照してください。
プラグインフォルダに移動します
。Windowsの場合
SU8以下では、pluginsフォルダは次の場所にあります。
C:\ Program Files(x86)\ Google \ Google SketchUp#\
SU2013の場合、pluginsフォルダは次の場所にあります。
C:\ Program Files(x86)\ SketchUp \ SketchUp 2013 \
SU2014以降の場合、pluginsフォルダは次の場所にあります。
C:\ Users \ [ユーザー名] \ AppData \ Roaming \ SketchUp \ SketchUp 20 ## \ SketchUp \
%appdata%\ SketchUp \ SketchUp 20 ## \ SketchUp \
C:\ ProgramData \ SketchUp \ SketchUp 20 ## \ SketchUp \ Plugins
Mac OS Xの場合
SU8以下では、pluginsフォルダは次の場所にあります。
[あなたのユーザ名] /ライブラリ/アプリケーションサポート/ Google SketchUp#/ SketchUp / plugins
SU2013以降では、pluginsフォルダは次の場所にあります。

ライブラリ>アプリケーションのサポート> SketchUp#> SketchUp>プラグイン
選択ams_Libのフォルダ、ams_Lib.rbのファイル、MSPhysicsのフォルダ、およびMSPhysics.rbのファイルを、それらを削除します。
クレジット
NewtonDynamics物理エンジンのJulio Jerez。
SketchyPhysicsからのアイデアのためのクリスフィリップス。
テストのためのIstvánNagy (PituPhysics)、Faust07、その他多数。







MSPhysicsインストールの方法とポイント





MSPhysicsシュミレーション





MSPhysicsシュミレーション 1~26





MSPhysicsシンプルな車を作る





MSPhysicsハンドル付きのシンプルな車を作る