動的コンポーネントオプションまたはタイプ属性の設定

いくつかの動的コンポーネントは、[コンポーネントオプション]ダイアログボックスを使用してジオメトリの値をエンドユーザーが設定することができます。 コンポーネントを設定するには:

コンポーネントを右クリックします。 コンポーネントのコンテキスト メニューが表示されます。
動的コンポーネント > コンポーネントオプション
メニュー項目を選択します。 [コンポーネントオプション]ダイアログボックスが表示されます。 次は、「フェンス」の動的コンポーネントの[コンポーネントオプション]ダイアログボックスの画像です。

フィールドに値を入力するか、適用に応じてにドロップダウンメニューからオプションを選択します。 フェンスのコンポーネントにフィールドが2つ、ドロップダウンリストが3つあります。
適用ボタンをクリックし、コンポーネントの設定変更を適用させます。 コンポーネントのジオメトリは、[コンポーネントオプション]ダイアログボックスの変更を反映しなければなりません。

タイプの属性変更

タイプで分類されたコンポーネントの属性を変更する場合も、コンポーネントオプション機能を使用できます。 次のスクリーンショットは、「ifcSlab」タイプで分類された「フロア」と呼ばれるコンポーネントを表示しています。




テーブルの変形の使い方1

天井カーテンの開閉


クレーンの動き

クレーンの動き 2


水車の動き 3

桶屋の災難


部屋の使い勝手の動き 


a:85 t:1 y:3